現在地 : TOP発達障害支援部NCPまんま>設備のご紹介
NCPまんま 設備のご紹介

支援に必要な設備が全て乳幼児サイズに作られています。
訓練内容+安全を考え出来ているオリジナル設備が盛り沢山!
遊びながら(楽しみながら)訓練出来るのが最大の魅力です!

こんな楽しげな訓練施設は今までにない!!

身体にハンディがあっても、
脳機能にハンディがあっても、
ちょっとした発達の遅れであっても
全てに対応しています。

各設備に名称が貼ってあり、言葉の訓練、字の訓練へと繋げます。

看板写真 あまり目立たない…ちょっと控え目な看板です。
あみ登り面の写真ロープ登り面の写真 レベルに合わせて網から、ロープから登れます。
何のために登るの!?なんてならない!
見れば登りたくなっちゃう不思議な訓練用具です。
なんと!折りたたみが出来てコンパクトに収納できちゃいます。

手や足を同時に使い、バランス感覚も必要となってきます。か〜なり脳を刺激しちゃう素晴らしい訓練用具です。
ぐるぐるの写真 メインはハンモックです。
他の物に付け替えても使います。

三半規管を鍛えます。

三半規管の不全は、多動や情緒不安定を伴う事が多くあります。

早いうちに改善されれば、今後の成長に多大な影響を与える事は間違いありません。
ブランコ トランポリン ボールプール の写真 ブランコ…超初心者用の低位置です。不安定な場所に座ることの出来ない子の訓練の第一歩です。

トランポリン…埋め込み型で転落防止をしています。

平均台…低くて幅広いので恐怖心を持たせず、歩行強化訓練を行えます。

小ボールプール…全身の触覚を刺激出ます。
すべり台の写真 スベリ台は階段が写っていませんが、乳幼児が登りやすいよう手すりが作られています。

スベリ台の下はエスケープゾーンとなれるよう配慮して空間を設けています。

人が滑る所の横にボールやミニカーを転がしたり走らせるゾーンがあり、競争したり物を滑らして実験したりと、楽しめるよう工夫されています。
ゴーゴーの写真 コーゴーと呼んでいます。上部にレールがあり移動を補助します。

また、吊り下げるものも変えられるようになっており、歩行訓練に使用したりもします。

子どものレベルに合わせて形を変えられるのは、ハンモックと同じです。
水遊び場の写真 温水みずあそびゾーンです。10p以下の浅さで安全に配慮しています。
柵は取り外し可能で介助がしやすくもなっています。

楽しむ事よりボールプールと同じで全身の触覚に働きかけを行います。

底部のグレーなのは滑り止め防止マットとなっています。木製部にも防水兼滑り止め加工が施されています。
マットの写真 市販の大型クッションなのですが、訓練にも最適なマットです。

不安定な所に身を預ける事や、クッションに包み込まれる触覚も良い訓練になる他、この上を歩いてみるのも身体を使う訓練になります。
トイレの写真 トイレです。
保育園のように幼児用便器とはいきませんが、便座補助を使い、床を底上げして自力排泄が出来るよう工夫されています。
より家庭に近い状態なので、家庭のトイレトレーニングに繋げやすくなります。
手洗い場の写真 手洗い場です。おやつの前、昼食の前はしっかり手を洗いましょう。

お湯も使えるようになっています。

介助もしやすいよう、子ども同士がすれ違いやすいよう工夫されています。
下駄箱の写真 下駄箱は必須ですね。自分の靴は自分で入れましょう。
他にも、子ども自身で使える高さの荷物置き場があります。
自分でやれる事はやる。園や小学校に向けての基本練習にもなります。
静養室の写真 調子の悪い子供を一時的に介抱したり、お昼寝させたり出来るようベッドも常備しています。

手前の青いマットの台はオムツ交換に使います。
テーブルと椅子の写真 皆、集まって…の集団行動も行います。この練習は園や学校でとっても役立ちます。

机上訓練にも使います。おやつ、昼食にも使います。
DVDとモニタの写真 DVD視聴出来るようになっています。
スタッフのマネっ子訓練が出来ない子で、DVDのキャラクターのマネっ子は皆出来ちゃうんですよね…(^^ゞ
DVDを見て大人も他の子もやれば、本人もやる気になっちゃいます。
これらの設備を使った訓練の他、音楽療法・リトミック・幼児体育と取り入れたリズム遊びも行っております。