にこりハウス幼児親子教室

確かなノウハウがあります
一人ひとりのレベル、タイプに合わせた内容で子育てをサポートします!
しっかりと子供と親御さんと向き合いながら、子供の未来に向けて全力でサポートします。

お気軽にご相談、お問い合わせ下さい。

住所

〒486-0807
愛知県春日井市大手町3丁目16-1

問い合わせ
0568-27-6412(たかしま)
月~金12:00~15:00

トップ
子育て教育理念
特徴
コース案内
感謝と期待の声
料金について
講師紹介
よくある質問
求人申込

facebook


見やすい「0歳からの幼児親子教室(にこりハウス)」Wixのページはこちら

子育て教育理念 トップ
納得出来るまで、とことん伝えます。

子供をタイプで分けると192のタイプに分かれます。そして、その子供を育てる主たる養育者も192タイプいます。単純に考えても192×192の関係、そこに性別を入れると384×384の人間関係があり、子育ての仕方があるということになります。同じタイプだとしても、育つ環境によって成長の仕方も変わります。これまで、多くの親子と関わってきて、それぞれの親子関係や環境によって起きている問題の根本を見付けて改善していくことをしてきました。どの親御さんも、子育ての不安と戦いながら、子供のことを思い一生懸命に子育てしていました。しかし、その愛情とは裏腹に、親子関係に問題が生じてしまったり、発達に問題が起きてしまったりすることがあり、それは増えているのかもしれません。そして、私(先生)に会っていろいろ学んでもらっていくうちに、「もっと早く知りたかった。」と言う声を何度も聞いてきました。そこで、もっと早くから関れるために、土日だけですが『幼児親子教室』を開くことになりました。ここでは、簡単に語ることは難しいですが、子育ては知れば知るほど親御さん自身も自分が分かり、子供のことも分かり、怒ることや叱ることもする必要が無くなります。これは、単に子育ての手法を伝えるのではなく、あらゆる子育てのシーンで自分で考えて実行出来るプロフェッショナルになれるように教えていきます。

見やすい「0歳からの幼児親子教室(にこりハウス)」Wixのページはこちら

特徴 トップ
生きる力が育ち、逞しい人間を育てます。

にこりハウスは、子供を育てるだけでなく、親御さんも我が子の子育てスペシャリストに育てます。

●子供が分かり子育てが分かり、子育ての不安を解消します。
一人ひとりに向き合うレッスン

にこりハウス(幼児親子教室)の講師は児童発達支援のスペシャリストです。経験に裏打ちされたノウハウを持っています。幼児一人ひとりの個性に向き合いプログラムを進めることで、確実な成果へと導きます。

●独自のメソッド
妥協しない子供ファースト

各幼児に合わせた独自カリキュラムがにこりハウス(幼児親子教室)の強みです。独自のカリキュラムに囚われることなく、常に子供の反応を観察して個々に合わせたカスタマイズをしていきます。

●親御さんをスペシャリストにします
叱らない・怒らない子育ての伝授

生徒一人ひとりひとり、得意なこと、苦手なこと、性格や目標は異なります。にこりハウス(幼児親子教室)ではそれぞれに最適な指導を行うことで、成長を促します。当教室の目的は短期的な目標の達成だけではなく、自ら学習する力を育てること。幼児主体の学習が、飛躍的な成長への秘訣です。

●教材費不要
​教材は当教室が用意します

​必要に応じて、必要な物はこちらで準備させていただきます。

●卒業後のアフターフォロー
​当教室では、園・小学・中学・高校になっても、子育てや発達の相談は無料で受けています

子育てに終わりはありません。幼児期以降の相談や支援の経験も豊富にあり、オールマイティーに子育てを支援しています。

●発達のスペシャリスト
1人ひとりに合わせる

当校の他部所では、乳幼児健診で発達が気になると言われた幼児の発達支援を行っています。そのため、他にはないノウハウがあり、とことん子供の素質に合わせた取り組みが出来ます。他にも、不登園や不登校支援も行っており、児童心理の視点からも取り組みが出来ます。おとなしすぎる子も元気すぎる子も、どんなスペシャルな子供でも対応できるのが当校の最大の強みです。

見やすい「0歳からの幼児親子教室(にこりハウス)」Wixのページはこちら

コースのご案内 トップ
​0歳3ヶ月~の発達メソッド

IQだけではダメ!WM(ワーキングメモリー)もしっかり育てます。IQが高くてもWMが弱い人は、生涯年収が低いことが分かっています。IQが普通でもWMの高い人は生涯年収も高くなります。当校では、IQだけでなくWMの強化にも力を注ぎます。

​​各コースで同じ組でも、一人ひとりの成長に合わせてやっていきますので、長けた所はどんどん伸ばし、苦手な所は無理にやらせず、こちら側が子供に合わせることで効率よく伸ばしていきます。

★ベビーコース 午前
歩いたり話したりする前のこの時期はとても大切!発達の基礎をつくります。~12ヶ月は、以後の成長に大きく関係してきます。正しく必要な刺激によって、大きな可能性を高めます。45分の中には3つの学びがあります。◎体感聴覚プログラム◎視覚プログラム◎発達学

​年 齢:およそ1歳まで
定 員:4組
開講日:土曜日
時 間:9時35分~10時20分

★ベビーコース 午後
歩いたり話したりする前のこの時期はとても大切!発達の基礎をつくります。~12ヶ月は、以後の成長に大きく関係してきます。正しく必要な刺激によって、大きな可能性を高めます。2組限定なので、お友達と気楽に受けられます。少人数のため、料金は高くなりますが、それだけ子供への目が行き届くため、先生ともじっくり関わることができます。45分の中には3つの学びがあります。◎体感聴覚プログラム◎視覚プログラム◎発達学

年 齢:およそ1歳まで
定 員:2組
開講日:土曜日
時 間:14時35分~15時20分

★幼児コース 午前
12ヶ月~の一人ひとりの成長スタイルに合わせた成長していきます。45分の中には4つの学びがあります。◎体感プログラム◎聴覚プログラム◎視覚プログラム◎発達学

年 齢:およそ1歳から
定 員:4組
開講日:土曜日
時 間:10時35分~11時20分

★幼児コース 午後
12ヶ月~の一人ひとりの成長スタイルに合わせた成長していきます。2組限定なので、お友達と気軽に受けられます。少人数のため、料金はたかくなりますが、それだけ子供への目が行き届くため、先生ともじっくり関わることができます。45分の中には4つの学びがあります。◎体感プログラム◎聴覚プログラム◎視覚プログラム◎発達学

年 齢:およそ1歳から
定 員:2組
開講日:土曜日
時 間:15時35分~16時20分

★発達支援コース
乳幼児健診で発達の遅れが気になると言われた子供への発達を支援しています。より詳細に子供をプロファイリングし、原因を見つけて解消していきます。愛知県指定の児童通所支援サービスとなっています。市役所にて受給者証の発行申請手続きが必要です。

にこりplus​ 詳しくは専用ページにて

見やすい「0歳からの幼児親子教室(にこりハウス)」Wixのページはこちら

感謝と期待の声 トップ
これまで関わってきた多くの親御さんと子供達の成長は、確かな結果となって現れています。親御さんよりいただいた声をご覧ください。

◆先生に初めてお会いしたときは、息子が2歳になった頃でした。私の行動一つひとつに思った通りに動かないと癇癪を起こすことが、どんどんエスカレートして疲れ果てていた頃です。私自身も周囲の人達も自閉症かもと疑い始めていました。しかし、結果としては自閉症でもなんでもありませんでした。今では普通に思春期の中学生をしています。息子が自閉症かのように間違われた原因は、私自身の息子との関わり方にありました。それは、過受容の関わり方でした。良い母親をやろうとして、一生懸命になっていたのがいろいろ先回りしてしまったことで息子に問題を作っていたことが分かりました。あの時、あのまま子育てを続けていたらどうなっていたか・・今、考えると怖いです。

◆上の子が3歳になる前、先生の所に来ました。下の子は1ヶ月を過ぎた頃です。3歳の子の言葉が少なかったので、いろいろ気になっていましたが、言葉が遅い理由が分かり、何をしていけば良いのか道筋が見えてホッとしたことを覚えています。何より驚いたのが、先生の所に通っていると、下の子の成長が目まぐるしかったことです。何も知らないと、ちょっとした関わり方の違いの意味も分からなかったのですが、言葉一つとってもどういった話し方やワードを選べば良いのか違いや影響が分かり、上の子には申し訳なかったなと思っています。今回、先生が幼児向けの親子教室を作られるということで、余計な遠回りをして不安や辛い思いを知らずに子育てが出来る人が増えれば良いなと思いました。

◆先生に初めて聞いたのは、この子は”敏感な感性を持った子”です。最近ではHSCという言葉で聞くようにもなってきたのですが、本やTVでは、どうやって子育てしていけば良いかの、具体的なとこまでは、なかなか私には分からないのですが、先生に相談すると、なぜそうするのか。どう違うのか。と分かるまで親身になって教えてくださり、いろんな事が腑に落ちた感じで毎度スッキリして帰って来ていました。私自身がHSCを念頭においた関わり方が自然に出来るようになるには時間はかかりました。HSCにはやってはいけない関わり方は、私自身が親にされた関わり方で、それしか知らなかったからです。不器用な私でも、いつも気長に考えて教えて下さり助かりました。
​私自身が苦しんでいたことも、先生からいろいろ学んだことでその理由も分かり、本当に今ではスッキリしています。ありがとうございます。

見やすい「0歳からの幼児親子教室(にこりハウス)」Wixのページはこちら

料金について トップ
ベビーコース・幼児コースには入会金13,000円が必要です。
各コースの移転には入会金は不要です。

★土曜日 午前 ベビー・幼児コース
​4組クラス
◎月13,000円(年間43回のダブルコース)◎月8,000円(年間21回のシングルコース)

★土曜日 午後 ベビー・幼児コース
2組クラス
​◎月18,000円(年間43回のダブルコース)◎月10,000円(年間21回のシングルコース)

★レッスン中の託児
兄弟姉妹がいる方は、事前申込でレッスン中に託児します。月毎の申し込みで、月謝と共にお支払い下さい。
​​レッスン中1,000円

★送迎
ご自宅の行き帰りの送迎が希望の方はご相談ください。対応に限りがあります。
​​往復1,000円

※ 児童相談所からの紹介や、生活保護家庭の方は割引します。※ 兄弟姉妹や双子の2人目の入会金は5,000円、シングルは3,000円、Wは5,000円送迎は1人目に込み。託児の2人目以降は1人500円です。

見やすい「0歳からの幼児親子教室(にこりハウス)」Wixのページはこちら

講師のご紹介 トップ
幼児親子教室では、高い能力をもつ多彩な講師がみなさんをお待ちしています。

たかしま先生
発達コーディネーター
子供の発達や心の相談に関わって18年。子供達に必要なサポートを必要な時にしてきました。今回、ここでは後々に困らなくてすむように、乳幼児期から親子と関わることで、子供の明るい未来を創造していきます。

なかまる先生
看護師・保健師・養護教諭
主に土曜日を担当します。ピアノとお絵描きが大好きな一児の母親です。保健室の先生として子ども達と関わってきた経験があります。心と身体両方に寄り添い、生きる力を育むお手伝いをしていきたいです。

見やすい「0歳からの幼児親子教室(にこりハウス)」Wixのページはこちら

よくある質問 トップ
皆さんの疑問にお答えします

Q.シングルコースとダブルコースのどちらが良いのでしょうか?
シングルコースは、だいたい隔週での参加になります。親御さんに伝える発達学の内容は変わりません。学んだことを親御さんが自宅でも実践していただければシングルコースでも良いでしょう。しかし、1人で実践する自信がなかったり、親子2人だけでやれなさそうであれば、ダブルコースをお勧めします。

Q.自宅でやらなければいけないことはありますか?
通われている時間だけより、ご自宅でもやれることはやった方が子供のためになります。しかし、間違ったやり方や接し方には気を付けなければいけません。シングルコースの方は、自宅でやることに自信がなければ、無理にしなくても良いですが、ダブルコースの方は自宅での取り組みも必要になります。

Q.車で通えますか?
A.はい。駐車場が御座います。

Q.子供が何もやってくれないかもれません
A.やれなくても、やらなくても構いません。時間はかかるかもしれませんが、様子を見させてもらえれば、その理由や働きかけ方が分かってきます。

Q.他の利用者さんと交流できますか?
A.はい。和気あいあいと楽しく交流して頂けます。

Q.兄はパパが見てるので、待たせてもらうことは出来ますか?
A.兄弟姉妹と一緒に、見ていてくれる方がいる場合は、自由にお待ち頂けます。

Q.小学生の姉は1人で待てます。託児料が必要でしょうか?
A.大人の目がなくなる場合、小学2年生までは託児扱いでお願いしております。

Q.途中でコースや日時を変更できますか?
A.移りたい先に空きがあれば可能です。

Q.月謝の支払い方は?
A.口座引き落としをお願いしております。

Q.受給者証は使えますか?
A.受給者証をご利用の場合は、月曜日~金曜日にやっている『にこりplus』での利用になります。受給者証を使わなくても良ければご利用になれます。

Q.障害があっても通えますか?
A.障害があってもご利用になれます。

見やすい「0歳からの幼児親子教室(にこりハウス)」Wixのページはこちら

サポートして下さい トップ
レッスン中の兄弟姉妹児と遊んでくれる方。送迎が必要な方の送迎をしてくれる方を募集しています

見やすい「0歳からの幼児親子教室(にこりハウス)」Wixのページはこちら

住所
〒486-0807
愛知県春日井市大手町3丁目16-1

問い合わせ
0568-27-6412(たかしま)
月~金12:00~15:00







































にこりハウス幼児親子教室
これ以降は、facebookで投稿した内容になります。上記より下記が新記事になります。

誕生から数ヶ月の間、メリーを使っていたでしょうか?
ネット検索すると、先輩ママさんのブログやSNS等で、必要なかったとか、いらないかもと。といった書き込みを見ますが・・・本当に必要ないのでしょうか?
メリーは、発達においてとてと重要なアイテムだということが、あまり知られていません。
また、メリーを使っていても、発達に必要なその効果を知らないために、意味のない使い方になっていることもあります。
0歳児にとってのメリーは、子守りの道具でもなく、親が楽するための道具でもありません。
では、メリーは何のために必要なのかと言うと、視覚から学習するために必要な脳を鍛えることです。
元来のメリーは、モビールが発祥です。
モビールには音がありませんし、動力もなく自動では動きません。しかし、モビールは軽量のため、室内の空気の動きで自由にランダムに動きます。
そこに、モビールの素晴らしさがあります。
メリーは、華やかで音が鳴り、絶え間なく動き続けてはいるものの、単調な動きです。モーターという動力が入って近代技術が入ったことで、より良いものに発展したもののように感じてしまいますが、モビールの最大の良さは失われてしまっています。
何も使わないよりは使った方が良いのですが、モビールではなくメリーを使うことで、その効果が発達に寄与しないケースがあります。
それは、音です。
音があることで、視覚より聴覚が優位な子は視ずに聴いてしまいます。
また、メリーの単調なパターン化された動きは、視覚の強化には心もとないものです。
0歳児の産まれて間もない子に必要なことは、視覚の力を高めることにあります。視覚の力は、近代社会においてはとても重要です。原始的な生活をするならあまり高める必要もありませんが、日本で暮らしていくには視覚の力は大切です。
基本ベースの視覚を育てるために、モビールは大切です。
じっと視てもらうことが大切です。
視覚の力が不十分だと、発達障害を疑われることになります。もし、発達障害でなく成長していったとしても、不登園や不登校のリスクが高まります。そうならなく大人になったとしても、行き当たりばったりの浅い人間になるリスクが高くなります。口ばかり達者で実の伴わない人になってしまうかもしません。
しかし、0歳3ヶ月までの間に、モビールもメリーも使っていなかったり、使っていたけど視ていなかったりしても、幼児親子教室で取り戻せることは出来ます。年齢が高くなっていればいるほど、時間はかかりますが、トレーニングによって問題の解消は出来ない事ではありません。


0歳からの幼児親子教室をやることになった背景
18年にわたって、発達や心の問題をかかえる親子と関わってきて、その親子に共通して言えることがあります。
どの親御さんも、子供のことをとても真剣に大切に考えて、一生懸命に子育てをしています。
しかし、その一生懸命の方向性が誰も気付かないところで、子供の発達や幸せのベクトルとは違う方向に向いてしまっていることが多くあることが分かりました。
それは、良かれと思ってやっていることが、やってはダメなことだったり、やらなければいけないことを、どこにも誰にも教えてもらえなかったり・・・。
子供が成長しているからこそ、出てくる一時的な問題を、
真っ向から向き合い過ぎて悪化させていたり・・・。
そんな負が重なっていき、発達障害を疑われる症状が出てしまい・・・。
発達障害を疑われなかったとしても、小学校中学校になって心の問題がおきてしまい・・・。
問題を未然に防ぐだけではなく、必要な子育てを順序良くしていけば、親子ともに幸せに向かっていくことが出来ます。
無駄のない必要な子育ては、子供の能力を伸ばすことにも繋がります。

人の持つ特徴の組み合わせは、192タイプいます。
男女の性別を入れたら384タイプいることになります。
そして、384タイプの大人と384タイプの2者間の関わり方のバリエーションは、147,456通りの関わり方が存在するわけです。
それだけ、人の接し方のバリエーションはあり、誰かに言われた、聞いたから、そうすれば良いなんてことはありません。
子供が生まれて、どう育てたら良いのか心配な親御さんは多いと思います。
今の時代、ネットで検索すればいろいろ分かるのですが、ネットやTVや雑誌といったメディアに出る子育ての情報は、多数派の子供達の子育て情報が殆どです。
そういった子育てが当たり前だからと、我が子に同じようにやっていたら、、、思っているようにならない・・私のやりかたが下手なのかな???
そう思うようになっていたら、親御さん自身のせいではありません。子育ての根本的見直しが必要なことがあります。 多数派ではない、少数派な子供がいます。
5人に1人の割合でいるHSC(敏感な感性を持った子)は、多数派の子育ての導入によって子供を拗らせてしまうことがあります。
お父さんやお母さん自身、HSP(敏感な感性を持った人)であるなら、お子さんもその遺伝子を受け継いでる可能性があるため、HSCに合った子育てに方向転換する必要が出てきます。
当教室で教えている子育ては、HSCの子に沿っています。このHSC向けの子育ては、そうではない4人側(非HSC)の子育てにしても害はなく、ユニバーサルデザインの子育てとして習得していただけるのが良いです。
友達の子育ての相談や、先々の孫の子育てのアドバイスにおいて、ここで教えている子育てがベースにあれば、間違ったアドバイスをしてしまわずにすみます。
手法ありきの幼児親子教室ではなく、一人ひとりの子供の特徴を考えて子供に合わせることで、無理なく効率よく子供を育てていくことが出来ます。